いきいき(いきかえる、いきなおす)

いきいき(いきかえる、いきなおす)RELIFE PROJECT at HIDAKA VILLAGE

ACTION 01

  • 参加モニター数

    48
  • 良い変化を実感

    72.9 %
  • 寝つき改善

    16
  • ストレス正常化

    33 %up
  • 参加モニター数

    48
  • 良い変化を実感

    72.9 %
  • 寝つき改善

    16
  • ストレス正常化

    33 %up
  • 参加モニター数

    48
  • 良い変化を実感

    72.9 %
  • 寝つき改善

    16
  • ストレス正常化

    33 %up
  • REPORT
  • REPORT
  • REPORT
  • REPORT
  • REPORT

KDDI株式会社・株式会社チェンジ協力のもと
とまとまめゼリーのモニターを実施!

2023.05.07

働く世代はストレスを多く抱え、企業には休職者が一定数いるのが、今の社会の現状です。さらに新型コロナの流行が追い討ちをかけ、日本ではうつ病やうつ状態の人の割合は2.2倍に増加。(出典:LIFULL HOME'S 総研所長 島原万丈.地方創生のファクターX寛容と幸福の地方論,12p)メンタルヘルスの重要性がさらに、顕在化しました。

現代特有のライフスタイルの変化や加齢、ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れなど、心身の不調が起こる要因は様々です。日本一の透明度の高い仁淀川の恩恵を、たっぷりと受けて育った"日高村トマト"と、"土佐いきいき豆"の力を借りて。日々働く人のマイナスな状態になった心を、ゼロへ戻してくれるそんな、とまとまめゼリーの機能性を検証中です。
monitor_04.jpg
試作とモニターを重ね、少しづつ効果的な配合や製造が明確になってきました。ついに、効果が期待できる試作品が完成したため、今回KDDI株式会社、株式会社チェンジの社員の皆様のご協力のもと、20~60代の男女48名にモニター試験を実施いたしました。

高知大学次世代地域創造センター・土佐フードビジネスクリエーター人材創出事業 特任教授 富 裕孝先生(高知県機能性表示支援員)に試験設計、データの解析調査等について、ご助言をいただき進めていきました。

【仮説】とまとまめゼリーを2週間飲むと、イライラくよくよ等のメンタルの課題や、睡眠の課題を改善する効果がある。
【期間】2022年11月28.29日〜12月12.13日(2週間)
【参加者】KDDI株式会社社員・株式会社チェンジ社員(20~60代の男女)48名
【実験方法】以下の条件のもと2週間とまとまめゼリーを試飲し、前後のストレス値や睡眠感調査の結果を比較する。
⑴頭痛やうつ病、睡眠薬などの薬を飲まない。
⑵とまとまめゼリー以外でトマトを摂取しない。
⑶ビタミンB2のサプリメントの摂取をしない。
⑷最終日まで必ず1日18時以降に、1本飲む。
⑸万が一ドリンクを飲み忘れた場合は、思い出したタイミングで飲む。
【スケジュールと計測の流れ】⑴初日の起床時に起床時睡眠感調査MA版(OSA)にフォームから回答。
⑵会議室に集合し、B〜Eのストレスチェックを行う。
⑶その日からトマト豆サプリゼリーを2週間、夕食後18:00以降に飲む。
⑷最終日の起床時に、起床時睡眠感調査MA版(OSA)にフォームから回答。
⑸会議室に集合し、B〜Eのストレスチェックを行う。
img--2.jpg
<睡眠調査>
A.起床時睡眠感調査票MA版(OSA)
第 1 因子:起床時眠気(sleepiness on rising),第2因子:入眠と睡眠維持(initiation and maintenance of sleep),第3因子: 夢み(frequent dreaming),第4因子:疲労回復(refreshing),第5因子:睡眠時間(sleep length)の 5 因子形 16 項目 から構成されています。この調査票で得られる睡眠感は,日々変動する睡眠感を統計的に尺度化したものです.被験者固 有の定常的な睡眠感を捉えるものではありません。被験者固有の睡眠状態を評価する尺度として、睡眠健康調査票が提供 されています。OSA 睡眠調査票 MA 版(OSA sleep inventory MA version)著作権・版権は白川修一郎と山本由華吏に所属 。

<ストレス測定方法>
B.唾液α-アミラーゼ活性
唾液アミラーゼ活性を測定し、ストレス度を評価します。アミラーゼは炭水化物の消化酵素ですが、ストレスを感じたときに上昇することがわかっており、唾液で簡単に測ることができます。
この唾液アミラーゼ活性は、交感神経の状態を反映し、身体的・精神的な刺激に対して短時間で反応する特徴があります。

C.STAI調査票
患者さんの不安状態を測定することができる心理検査です。1970 年、Spielberger,C.D による「不安の特性・状態モデル」 に基づいて作成され、日本においては水口公信 ( 千葉大学医学部名誉教授 )、下仲順子 ( 文京女子大学教授 )、中里克治 ( 岩 手県立大学教授 ) によって標準化 ( 男性 571 名、女性 663 名 )。
全 40 問の質問で構成されている自己評価型の検査で、世界 40 カ国語の翻訳、過去 15 年間に心理学・精神医学・内科・ 心療内科・外科・社会学など 3000 を超す文献があります。

D.簡易ストレス度チェックリスト(桂 村上版)
簡易的ストレス度チェックリスト(桂 村上版)は、村上正人と桂載作が作成した、日常のストレス度を判定する調査方法 であり、多くの場面で用いられています。

E.独自アンケート
ストレスによる不調についての現状ヒアリング、そして 2 週間後の体感について、そしてモニターが終わり、 ドリンクを飲みやめた後の体感をアンケートで独自アンケートで調査。
モニターのデータはリアルタイムで公開しています!>
img--3.jpg

一緒に、日高村トマト×土佐いきいき豆のちからを
解き明かしてくれるパートナー企業を募集中!

企業モニターとまとまめゼリーを2 週間試飲し、アンケートへ回答していただくモニター調査です。製品の機能性を一緒に検証していただきます。

農業体験 とまとまめゼリーの原料を、村民と一緒に育てる農業体験プログラムに参加していただきます。
パートナー企業へのエントリーはこちら>